伊藤忠商事株式会社

Tricentis Toscaは、伊藤忠商事が25年間利用してきたレガシーSAPからS/4HANA Cloudへの移行を支援

会社概要

1858年創業の伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠商事)は日本有数の総合商社の1つです。世界62カ国に100の拠占を置き、繊維、機械、金属、鉱物、エネルギー、化学品、食料、生活産業、不動産、情報通信技術、金融など幅広い分野の取引や、国内外における事業投資を行っています。伊藤忠商事は2019年、「デジタル化」「シンプル化」「イノベーション」を3本柱とした海外事業の基幹システム変革の取り組みを開始しました。

無秩序に広がったITランドスケープの中で改革を成し遂げることは困難な取り組みでした。ITチームは幾つかの大規模なシステム変更の期間中もビジネスの俊敏性と革新性を維持する必要がありました。最も困難な点の1つは、Fit-to-Standardアプローチで、システムを真のテジタルプラットフォームへ転換するために、高度にカスタマイズされたオンプレミスのSAP ERP ECC 6.0からS/4HANA Cloudへの移行が計画されました。この変革プロジェクトには、契約、物流、在庫管理、財務管理に至るまで、伊藤忠商事のビジネスのプロセス全体が関わっていました。

伊藤忠商事 IT·デジタル戦略本部で、プロジェクトマネージャーとして海外 50社の変革を牽引しているITストラテジストの原田修作氏は、プロジェクトの成功に不可欠な領域の1つとして「テスト」を挙けています。SAPトランスフォーメーションイ二シアチブの広大な範囲と規模の要件に対応するためには、ほとんど手作業で行われていた既存のプロセスを近代化し、統一する必要がありました。

原田氏は言います。「従来のテストでは、2つの点で限界がありました。まず、リソースが問題でした。50社に導入するためのテストを行うには、何年もかかるでしよう。2つ目は、 テストの質を標準化することです。」

Tricentis(トライセンティス)が提供するTricentis Toscaを実装する前に、伊藤忠商事のテストチームは120のテストケースからなる標準的な回帰テストスイートを使用しており、それぞれのテストケースは手作業で1.5時間を要していました。各国でテストを行う際にはこのテストセットを複製し、各地域のニーズに合わせて修正していました。この地理的な複雑さにより回帰テストに必要な時間は指数関数的に増加し、10人のテスト担当チームではすぐに持続できなくなりました。

原田氏は、従来のSAP環境と新しいSAP 環境の両方に対応する、拡張性のある自動化されたソリューションが必要であることを理解していました。 「Tosca を選んだのは、SAPとの強い結びつきがあったからです。」

伊藤忠商事の10名のテストチームは、Toscaを使用して回帰テストを自動化し、導入フェーズを大幅に加速させ、S/4HANA Cloudで新規ビジネスプロセスと移行されたビジネスプロセスが共に意図通りに動作することを確認しました。

課題

  • 少人数のテスト担当チームが、主にマニュアルテストに頼っていました。
  • 地理的な複雑性によりテストの負荷が増加していました。ビジネスプロセス、通貨、税金の違いを考慮する必要があったからです。
  • マニュアルでの回帰テストは、各リリースで最低180時間かかっていました(確認レビューの時間を除く)。

変革のロードマップ

伊藤忠商事のテスト担当者は既存のテスト生成物をすべてToscaのワークスペースに移行しました。その上でオリジナルの回帰テストセットを使って国ごとにカスタマイズした 61のテストシナリオを作成しました。この一般的なテストケースの中ではデータのみを変更させればよいため、テストは伊藤忠商事全社に適用することができました。

また、伊藤忠商事はベトナムに拠点を置くサービスプロバイダーと提携し、SAP Fioriインスタンスのテストの自動化も実現しました。TricentisのProfessional Services Operations  (PSO) チームは、Toscaの設定と構成について両社をガイドし、各ユーザーにトレー二ングとコーチングを提供しました。

さらにTricentisチームはToscaのTest Data ServiceとTest Case Designツールを導入し、ロジックをTest Case Designに入力することでインスタンスを素早く生成し、Test Data Serviceを通じて、それらのインスタンスにデータを投入することで、数百のシナリオの自動テストが可能になりました。

また、Test Data Serviceを利用することで、伊藤忠商事のテストの保守及び更新が簡素化されました。新しい要件で変更が必要になった場合、伊藤忠商事のチームはデータやロジックを変更するだけで済みます。伊藤忠商事は多大な成果をあけることができました。

Toscaの導入により、テストカバレッジは760 %向上し、実行時間は38 %、設定時間は70 %短縮されました。全体として、テストにかかる労力を65%削減することができました。

原田氏は語ります。「Tricentisから多くのサポートをいただきました。ツールのサポートだけでなく、チーム全体を支えてくれました。今では、以前より楽にリソース管理が可能な上、同じ品質のテストを維持できるようになっています。」

意図を持って移行する

「当初は多くの人が不可能だと思っていました。」原田氏は、伊藤忠商事が行ったS/4HANAへの複雑な移行について語りました。 「25年間もSAPの活用に悪戦苦闘していました。長い間、伊藤忠商事の進むべき方向について、戦術ではなく、コンセプトを話し合ってきました。1年間かけて、『デジタル化、革新、簡素化』をテーマに掲げました。そして、いざディテールやシステムが必要になった時、我々のチームは対応準備ができていました。」

25年間利用したレガシー版SAPからS/4HANACloudへの移行は、どのような組織にとっても歴史的な変化です。伊藤忠商事は10社の子会社を2社ごとS/4HANA Cloudに段階的に移行し、各段階での品質を確保するためのテスト戦略もしっかりと行いました。

「導入時の第1波で多くのことを学びましたが、第2波では自分たちのリズムをつかむことができました。ToscaとTricentisの選択は間違っていなかったと思います」と原田氏は語ります。

S/4HANAへの移行が完了し、伊藤忠商事の最初のテストイノベーションを構築するためのインフラが整った今、伊藤忠商事のチームはテストケース設計ワークショップを実施し、より一層の品質向上と組織の最も重要なビジネスプロセスへのリスクカバレッジ拡大を図っていく予定です。